ブログトップ

ゆっくり畑

yukkuri55.exblog.jp

さつま芋の茎

ゆっくり畑で収穫した野菜を、おいしく食べたい、そして食べていただきたい、しかし、毎日の食なのでできれば面倒でなく簡単に!というのが食事班のテーマです


先日、サツマイモのイモ掘りには私も参加しました
かなりの重労働です
スコップやクワ、イモにキズをつけないように、慎重に掘るのです。かといって、モタモタしていると一向に進まないので、適度に迅速にーー

その際の私の一番のお楽しみは芋の茎☆
若い葉の下の茎は炒めて食べるとほんのり芋の味がして、くせになる美味しさなのです
けれど、採れたての茎でないとアクが出て、おいしくないので、「芋の茎」は、イモ掘りの時のみのお楽しみなのです。最初、茎の皮を剥いて(フキの皮をむく要領で)食べるんだよ、と伺ったのですが、この作業がかなり面倒;;;
再度伺うと、新鮮なもので、若い葉の茎なら皮は剥かなくてそのままでイイよ~と

さっそく試してみたら、多少歯ごたえはあるけれど、その方が少しばかりアクのある“山の味”がしてイイ~~のです
注意:ある一定の年齢以上の方には↑ウケが良くない一品です。昔、食べるものがない時にイヤというほど食べたのだそうです

■さつま芋の茎のキンピラ■

まず、茎をよーく洗って食べやすい長さに切ります
フライパンにゴマ油をひきます
c0220185_11133734.jpg



切った茎をよく炒めます
(あっさり味がお好みなら塩のみで味付け)

最後にみりんと醤油で味付けします
時々、味と歯応えをみながら、お好みで仕上げてください
c0220185_11135952.jpg



ビールのおつまみに◎です

◆アクの嫌な方や時間のある時は茎の皮を丁寧に剥いてから料理してみてもよいでしょう
皮を剥く分、調味料はしみこみやすくなりますので、薄味に仕上げてください。濃い味付けにすると芋の風味はなくなります

◆お願い◆みなさまおススメのお料理など、こちら食事班では募集しています
[PR]
by yukkuri55 | 2009-10-30 11:25 | 野菜を食べる
<< 獣害の危機 出荷間近 >>