ブログトップ

ゆっくり畑

yukkuri55.exblog.jp

種まき

不耕起(耕さない)畑での種まきは、まず表面の草刈りから始めます
土の表面の草は無くなりますが、土の中の草の根は残っています

屈強な雑草の根はこれから育てる野菜栽培の妨げになるので取り除きますが、その他はそのままの状態で、畝(うね)にスジを引きます。そしてその溝になった部分に種を蒔いていきます

溝の状態が良くないと、発芽してこない場合も往々にしてあるので、一粒一粒、様子を見ながら蒔いていきます。畝の脇にしゃがみ込んで顔をその溝に近づけて

さながら遺跡発掘の現場か!と見紛うばかりの種蒔き現場です

先日、ゴッホ展に行った際に、ゴッホの『種まく人』(ミレーの模写)を観ました

時にはこんな絵画のように、大胆に蒔きたい!と思ってしまいました

もうしばらく遺跡発掘風種まきは続きます

c0220185_23145475.jpg
土の中は白くて細い根がギッシリ


c0220185_23151037.jpg
中央の茶色いのが種


[PR]
by yukkuri55 | 2011-04-03 23:20 | 畑の事
<< 種まき、そして発芽 はたして春は遠いのか、近いのか >>